伊豆沼サンクチュアリーセンター淡水魚館(17.11.25)

2017年11月25日。
マリノスさんのベガルタ仙台戦に合わせてテケテケ走ってきましたよー。登米市は伊豆沼です。
このブログにたびたびコメントをくださる宮城さんからの情報で知った、サンクチュアリーセンター淡水魚館。やっと来ることができましたっ!

どーーーん。建物超立派!正直驚き。

記帳をして中に入ります。
入ってすぐに目に入る大きな水槽と。

壁際に埋め込み水槽。

奥のほうには円柱水槽など。
中も超水族館じゃぁーん!ワクワクしながらじっくり見ていくとしますよぉぉー。


伊豆沼周辺に生息している生き物が中心に展示されてるのかな。
モクズガニさん。カコイイ。ふさふさ。

アメザリさんはお食事中でした。

ニシキゴイ?フナ?
キンカブトというニシキゴイだそうで。当然ですが伊豆沼にはいない種類、とのこと。
えー、こういうのも展示しちゃうんだ…。

人造水草の陰に隠れてるつもり?なテナガエビさん。

カネヒラさん。

いくつかの水槽を見て行って気づいたこと。
ここ、水草がすべてプラスチックの人造水草だ…。
テンションだだ下がり案件…。せっかく伊豆沼の生き物を展示する立派な施設なのに…。

モツゴ水槽はその水草さえありません。枝はたぶん本物かな…?

ホントざんねんだよ…。立派な水槽設備があるのに…照明もそれぞれにあるので生きてる水草を入れても大丈夫だと思うのになぁ…。かといってホムセンで買ってきたようなマツモだらけになってもどうかと思うのでプラスチック水草でもヨシとするか…(´・ω・`)

と、いうことで我が家でもできそうな水槽たちを茫然と眺めつつ。先に進みますよ…。

奥の方の水槽はガラス面の曇りも若干気になる…(もうね、気になることばっかだったのですよ…いいところ探ししてるんですけどね)

コイもいくつかの水槽に入ってました。

最奥部にはタッチプールもあったよ。

一つは水が入ってなくてお休み中でした。稼働中のタッチプールにはアメザリが入ってたよ。


2階には漁具コーナーが。

かつて伊豆沼で使用されていた漁具がずらっと。こういうの見るのは楽しい。

ヤスでっかい!


展示水槽はまあまあガッカリしましたが、掲示されてた伊豆沼図鑑は楽しかったデス。



植物も把握しているなら展示してくれてもいいのにな…(まだ言ってるw)


ちなみに!!
伊豆沼の周辺には淡水魚館の他にサンクチュアリーセンター(とり館)があります。

伊豆沼は冬に白鳥他の鳥がたくさん飛来することで有名で、ここはまさに今、鳥を観察しなYO!って施設なのですが。

こっちにも伊豆沼・内沼の魚たちが展示されてて、こっちのが丁寧に展示されてる感じでした。
水槽回りの説明からも「こういう魚が生息してるんですよー、見て見て!」というメッセージが伝わります。

水槽自体はとても簡素なもので淡水魚館の足元にも及ばないのだけど、リアル水草がひと房入ってるだけで全然違いますよね。ゼニタナゴさんもイキイキして見える不思議。

そしてジュズカケハゼ水槽が素敵だった!!マシジミもチラっと砂から顔を出してたりして、ね(*´ω`*)
 ジュズカケハゼ正面顔、めっちゃカワイイ(*´ω`*)

 さらにもうひとつ!
登米市のお隣、栗原市(といっても車で20分くらい)にはサンクチュアリーセンターつきだて館という昆虫館もあります。

もちろん昆虫メインなのですが。
 水槽があります。ただしガムシとメススジゲンゴロウですw

魚もチラっといますが…。

あくまでメインは虫です!メススジゲンゴロウ、めっちゃ探したよ…(;^ω^)

 つきだて館では味のない鳥用のポン菓子が販売されていて。
なんと!飛来してきた野鳥に餌をあげることができます!!

ハクチョウ!近い!デカい!大興奮!!(私がw)
 マガンとオナガガモの集団に囲まれる!これまた大興奮!(私がww)


伊豆沼周辺は普通に走っていても野鳥の数が尋常じゃないくらいたくさん見れます!
マジやべぇ…すげぇ…。水族館ブログなのに、鳥にこんなに興奮してるよ、かめきちさん…(;´・ω・)

ということで、伊豆沼に行くなら冬がオススメ!!デス(なんのこっちゃ…?)