オホーツクとっかりセンター

2012年5月1日。

ノシャップから始まった1日。
夕方の水族館閉館までに紋別まで到着できるかが本日1番の重要ミッションでした(笑)

かなーりがんばってすっとばして。
なんとか到着!
間に合ってヨカタ…。



「とっかり」とはアイヌの浜言葉で「アザラシ」という意味だそうです。
ってことで、とっかりセンター…

アザラシしかいません(・∀・)

こんな感じ。
ちょうど夕方で飼育員さんの姿を必死で追っていました(笑)



おねーさぁーん…みたいな?


そのお姉さんは別のアザラシの体調チェック中…


建物の中にも数頭の仔アザラシがいました。
お目目がかわいすぎるだろ…反則だお…。



もう1頭のこの仔。


人間の姿を見て寄ってきてくれました(*´ω`*)


なんだか表情が寂しげに見えてしまうのは気のせい?かな?

野生で保護されたアザラシは体調が回復したらまた野生にリリースされるみたいです。
この仔もそうだったのかな?
野生に戻ってちゃんとおっきくなるんだぞ~。


大きいアザラシプールは下からも観察することができます。

じーーーっとみてたけど、アザラシ達は水の上に出てたんだよね…。そりゃ見えないワケだわ。


最後はお約束のコレ(笑)




アザラシ大好きな我が家にはめっちゃステキな水族館でした(*´ω`*)
流氷シーズンの北海道にも来てみたいなぁ…。