太地町立くじらの博物館(2回目)

2013年8月11日。

お盆休みを利用して紀伊大島でキャンプしてきました!

3泊もの長丁場でキャンプ場にいるだけじゃもったいないじゃん!ってことで(ナニ?)大島入りする前にまずはこちら。
…。って、結局キャンプに来てまで水族館かよ!(笑)

前回訪問は2009年。前回記事は→コチラ

前回と同じアングルで記念撮影。
こちらは前回。


長男デカくなったなぁ…ってここは柱のキズか!(;・∀・)


今回は子供達もそれなりに発達しているので(笑)博物館もきちんと見れます。
これはクジラから採集した寄生虫たち。。。
 (一個一個写真は撮りましたが自粛…w)

こちらはクジラから採集した胃の内容物。。。
(一個一個写真は撮りましたが自粛アゲイン…w)


 イルカショーの時間にも関わらずガッツリ見ていたら、職員さんがガラスを拭いていたので話しかけてみました。
上の寄生虫も胃の内容物もそしてこの骨格標本も全てリアルなんですってよ、奥さん!まじすか!
リアルと思ってみると迫力5割増し!!(コレホント)

前回訪問時にはショーでダイナミックなジャンプを見せてくれていたシャチのナミ…名古屋港にドナドナされてすぐに急逝(´;ω;`)ウッ…今はここにいます。ナミ…(´;ω;`)ウッ…

外に出るとイルカショーのクライマックスでした。
え?観客席にビキニのお姉さんがいるよ!←え?ソコ?ww

いや、ちゃんとイルカさんも見ましたよ(;・∀・)
ショーのあとイルカさんと握手のイベントは健在のようでした。そしてやっぱり我が家はスルーな方向で(;・∀・)←混雑キライ。


外にも骨格標本がいます!まさにクジラづくし!
(ただしこれはレプリカのようです。そりゃそうだよね…)


4年後の訪問で変わっていない水族館ってなかなかないと思うけど、ここは全然変わってない!

イケスにいるイルカとクジラにエサをやることもできます。これは前回も子供達が楽しんでくれたので今回ももちろんチャレンジ!
バケツ1杯200円。今日のエサはシシャモです(*´ω`*)

クジラさぁーーーん。
とかやってると横からキュイキュイ鳴いてイルカさんもやってきます。
この迫力!歯の数まで数えられるね!(違)そして目が怖い…
 1頭にあげると我も我もと次々鳴いてアピール♪かわいい(*´ω`*)

前回はここまでで「かわいかったね~」と満足していた子供達も。4年間色々な水族館体験をして成長しています。
今回はなんと「エサ欲しかったら芸の一つでもしてみろよ、ジャンプだ!おりゃ!」っとなり…(;・∀・)

(いやぁ、さすがにジャンプはないだろ…)っとか眺めていたら。ら!!


まさかのジャンプですよ!Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
しょっちゅう言ってる気がしますけど、ホント長男さん、すごいと思うんですよね…。
こういうとこに才能開花させてみませんか?(どんなトコだかは私に聞かないでください(;・∀・))

イルカさんは子供達のやるサインを彼らなりに理解してクルクル回ってみたりバイバイしてみたり、それぞれ芸をしてくれてましたが。


クジラさんはぽかーん๑゜д˚๑
クジラに芸をしてもらうのはかなり難易度高いのか…?

そしてこの「ふれあい桟橋」はご覧のとおり狭いのであまりイルカとのふれあいに熱中しすぎると足を踏み外して落下する危険性があります(笑)


1人バケツ2杯(400円)のエサを貢いで満足してくれた子供たち(笑)

さあ、次はクジラショーだよ!

なのに「かき氷食べたい!」っと売店に消えていきました(;・∀・)変わらないのはあなた達もね…。

クジラショーは前回シャチのナミがショーをしていた場所で行われるようです。
重ね重ね…ナミ…(´;ω;`)ウッ…

浮島に向かって飼育員さんカヤックで登場!

さっそく寄っていくクジラさん。かわええ(*´ω`*)

コビレゴンドウとオキゴンドウ、ハナゴンドウが飛んだり回ったり。
まあ…。イルカとクジラの違いですよね。前回記事にも書いたけど、イルカをイメージしてたらガッカリします。

身体重そうでしょ?そして着水時のシブキが半端ない!(笑)

この日一番のハイジャンプ!よくがんばった!ヽ(=´▽`=)ノ

 イルカに乗った少年じゃないよ!クジラに乗ったお姉さん!(古いか(;・∀・))

浅瀬でもこんな魚が見えるくらい綺麗な海だからこそできるショーですよね。
うん。今回は楽しめました!ナミがいないのは寂しいけども…(シツコイ…)
子供達は次の餌やり体験に備えて(?)飼育員さんの出すサインをものっそい真剣に見て覚えようとしてました(;・∀・)…まだやるんかい…(;・∀・)


しっかし暑い!!博物館以外はほぼ屋外なので灼熱の日差しが容赦なくチリチリと!
たまらず敷地の奥にあるマリナリュウムへ。

ここは館内いっぱいにトンネル水槽になっています。
 エイ先生(*´ω`*)


以前は腹びれのある貴重なイルカ、はるかちゃんがいたので館内撮影禁止でしたが。
今年(2013年4月)亡くなってしまったので撮影OKになっていました。それはそれで寂しい…。

でもでも!日本の水族館でここにしかいないスジイルカを見れたよ!

 他のイルカと一緒に仲良く泳いでたよ~。長生きしますように(*´人`*)


マリナリュウムはトンネル水槽の他にこのような小さい水槽もあります。
クジラとイルカだけじゃちょっと…、ってアナタもこれで安心♪(←誰?)

カマス。和歌山の夏釣りはこいつがメインターゲットのようですね。

伊勢海老~。

タコクラゲ~。



最後に「もいっかいやりたい!」と子供達が言うので(;・∀・)
再々度の餌やりへ。さっきのクジラショーで見た飼育員さんのサインをしっかり真似してイルカにジャンプしてもらって大満足の子供達でした(*´ω`*)

イルカとお話ししてる長男さん(笑)


エントランス外のイルカに乗った少年モニュメントにいたカメキチさんwww

ナミの譲渡やはるかの死亡でマイナーチェンジはあったものの。
「くじらの博物館」っていうここにしかない特殊性は全く変わらずで。

あ、体験型のイベントは4年前より格段に充実していたので、イルカと泳いだりカヤックで戯れてみたい方にはオススメかも♪
和歌山、ってか太地町遠いけどな!(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)