ふくしま海洋科学館アクアマリンふくしま(2回目その1)

2014年3月12日。

前記事でコメント下さい的なことを書いたのに、コメント欄は綺麗さっぱり…で凹んでいた今日この頃(笑)
ワタシ、Mっ気満載なので、それくらいのことではめげないですが(笑)やっぱりこのブログでは水族館に行ってレポしてナンボ!なんだろなー、と思い至りまして(;・∀・)
ホントーにめげたりなんかしてないもん!


さて(ゴホン)
大人の休日、ってことで彼さんと2人でお出かけしてきましたー。
「どこ行く?」って時にどうせなら普段行けないところがいいよねー→じゃ、水族館→じゃ、アクアマリン、っとなるあたりが我ながら水族館バカ丸出しww


お互いお仕事を装い家を出るものですから、集合時間は9時です(笑)
するってーと、アクアマリンに到着するのはお昼くらいですかねー。
いつもオープンと同時に入場するのがデフォなので、それだけで新鮮です♪


アクアマリンは私が全国の水族館めぐりを決心した記念すべき水族館です。
(2007年来訪時の前回記事は→コチラ
あれから7年経とうとしています。思えばあれ以来水族館の為にどんだけ全国を走り回ったことか…。感慨深いものがありますね。


そしてアクアマリンといえば2011年3月11日の東日本大震災での津波被害。
駐車場から水族館入口までの道にこんながれきの山が残っていました。

近寄ってみると。
がれき座
~私たちの海をよみがえらせる~
その日、アクアマリンふくしまは津波の中にあった。このアクリル板は黒潮と親潮をへだてる厚さ6cmのアクリル板の破片です。
MARCH11、M9の地震は黒潮と親潮の「潮目の海」の2000トンの大水槽にも津波を起こし、巻き起こった大波が仕切り板を破壊し突破した。親潮の魚と黒潮の魚が仕切り板を越えて交流していた。外のアスファルトさえも波打って裂け目ができた。アスファルトをはがしてがれきの津波をつくった。アクリル板を「がれき座」の舞台の看板にして、私たちの海をよみがえらせる祭りの場とする。
  アクアマリンふくしま 館長 安部義孝

地震、津波、そして電源喪失により亡くなっていった生き物たち。
鴨川や新潟や江ノ島、葛西などの水族館に避難させてもらった一部の生き物たち。
避難先で産まれたゴマフアザラシの「きぼう」
などなど…

アクアマリンを語るうえでどうしても避けられない震災の話。
ここでは立ち直ったアクアマリンだけを語りたかった気もするけど、入場する前から「そういう逃げはダメ」と突きつけられた気がしました。


では、覚悟を決めていきましょう!(大袈裟ww)

外観は全くそのまま。地震の揺れでも津波でも破損しなかったのは本当にすごいと思う。

外観はそのままでも周囲はまだまだ工事中です。

これは7年前にはなかったかな。
ところでInspiring Aquariumってどんな意味なんでしょう…(;・∀・)
元気づける水族館?鼓舞する水族館?感激させる水族館?
Tsuyoshiさんがコメント欄で教えてくれました。「行動する水族館」というのがアクアマリンの表看板のようです。安倍義孝館長カコイイ…。



最初は生命の誕生、地球の歴史、みたいなところから。
ってかしょっぱなからこんなん出てきたら怖いって…(;・∀・)

オオサソリも怖いって(;・∀・)
怖いんだけど、なんとなく表情が“わんぱく小僧”みたいに見えてしまうのは私だけ…?(笑)

ふくしま「海洋科学館」ですからね、科学館的な要素がないと♪アンモナイト♪(やばい、ワタシとしたことがオヤジギャクなんて…ww)
科学館風に化石がずらっと並ぶ冒頭でいっちゃん最初にいる生き物がコチラ、アメリカカブトガニ。
うまく撮れん…。ちょこちょこ動いてプリティ(*´ω`*)


続いてトリノアシ。最近ずっとニコンのP520ってカメラをメインにしてサブ機として長年使っているオリンパスのSZ-31MRで写真を撮ってます。
こちらニコンさん。

こちらオリンパスさん。同じ水槽を撮ってるのに随分と雰囲気がかわりますね。ここら辺は好みがわかれそうですね。センスが問われます…。


オウムガイ。かわいい…。

ヌタウナギ。にょろろ~。


こちらはシロチョウザメとヘラチョウザメ。
ヘラチョウザメはブレブレだけど、吻先が潰れてしまっていて痛々しい(´・ω・`)


ガーパイクの水槽はガーと水草、どちらが主役なのか判別が難しい(違)
でも、こういう水槽は嫌いじゃないです♪


オオサンショウウオ(*´ω`*)
手足がプリプリしてて何ともかわいいヤツです(*´ω`*)


さて、ここまでが1階となります。
そのあとはエスカレーターで一気に4階まで昇ります♪



エスカレーターを上った先にあるのは…続きにしておきましょうかね~。
ってことで今回はここまで。次回に続きます♪

6 件のコメント:

  1. このブログは水族館の中がかなり詳しく載っているので重宝しています。水族館的な物はweb水族館→リンク(水族館調べにお役立ちのサイト)→water-worldと行けるサイトが網羅しまくっています。

    返信削除
  2. →ポンさん
    コメントありがとうございます!超嬉しいデス!
    やっぱりこのブログは水族館レポが最大のウリなんですね。がんばろうー。
    またよろしくお願いします♪
    ところでwater-worldってなんですか?

    返信削除
  3. inspiringの意味がここに。
    http://mis.umin.jp/27/program/kn.pdf

    返信削除
  4. あー!water-world、わかりました!こんなところで私の日本語力の低さを露呈してしまいました(;・∀・)

    返信削除
  5. →Tsuyoshiさん
    「行動する水族館」かっこいい!記事に追記しときます!

    返信削除
  6. →ポンさん
    ご丁寧にありがとうございました♪(と、謎のレスしときます、笑)

    返信削除

ご意見ご感想、苦情などはこちらへ(あまりにも公開までに時間がかかってしまうのでコメント欄をオープンにしてみました!返信に時間がかかってしまったらごめんなさい…)